海外サプリが危険と言われる理由

バリテインと海外サプリ

バリテインは日本人の体質に合わせて開発された日本製。

これは購入者が選ぶ理由にもなっていますが、
日本製だから良いと言うわけではありません。

粗悪品もあれば、お菓子のようなサプリメントもあるので、
きちんと確認する必要があります。

また、海外サプリは危険!とか言われますが、
必ずしもそうとは言い切れません。

例えばアメリカの場合。

アメリカは医療費が高いことが有名で、
保険についてもいろいろ言われています。

そのため、治療よりも予防!という考えで
サプリを飲む習慣があるのです。

そして、効果の基準が一定レベルを満たしたものだけ
販売されています。

日本でいうと、トクホみたいなもんですね。

ただ、1994年のDSHEA法で食品と医薬品の間に
位置づけられてからは世界一厳しい基準と言われるFDAの
許可が無くてもサプリメントの販売が出来るようになりました。

なので「病気の診断、治療、予防を目的としていません」
記載されています。

なんか、日本でも海外でも「どっちもどっちじゃない」って
思うかもしれませんが、大きな違いが含有量なのです。

海外サプリの成分含有量はとても多いものが多く、
安くても成分量が断然多いというものがたくさんあります。

そのため、ネットで海外サプリを購入する人が多いのですが、
含有量が多い=お得で良いと言うわけではありません。

1日数粒飲むものであれば、自分で調整ができるけど
そうでなければ、過剰摂取になってしまう可能性があります。

安心して飲むためには、含有成分をわざわざ自分で考えて
量を調整しなくてはいけないのです。

それだけでなく、日本では認可されていない成分もあるので、
自己判断、自己責任になります。

リスク・・・ありますよね。

健康のためのビタミンとかのサプリとバリテインのような増大サプリは
違うので、やはり海外サプリより日本製を選ぶ方が安心です。

何を目的で、どんな成分が配合されているかにもよりますが、
シンプルな成分ではなく、組み合わせているので、
日本人の体質に合わせて作られている方が効果が出やすく安心です。



varitain / 2015年12月19日 / バリテイン公式